求人  |   お問合せ  
 
 
 
ユーザー名
パスワード
> パスワードをお忘れの方  
> 新規登録
 
      YTD
  NY DJIA 22,371 13.20%
  NY NASDAQ 6,461 20.03%
  London FTSE 7,275 1.85%
  Tokyo Nikkei 20,299 6.20%
  Shanghai SSE 3,347 3.01%
  Frankfurt DAX 12,562 9.41%
  Paris CAC 40 5,237 7.72%
  Singapore SGX 3,220 11.80%
  Malaysia KLSE 1,774 8.04%
  Thailand SET 1,673 8.40%
 
    USD EUR
  GBP 0.74 0.89
  JPY 111.52 133.92
  EUR 0.83 -
  USD - 1.20
  CNY 6.57 7.89
  CAD 1.23 1.47
  AUD 1.25 1.50
  HKD 7.80 9.37
 
      YTD
  Gold $1,315.90 14.34%
  Brent Crude $55.36 0.73%
  Silver $17.36 5.60%
  Platinum $955.52 0.37%
  Natural Gas $3.13 -4.51%
  Wheat $444.50 9.48%
   
    Updated On 20-09-2017
 
ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとはストラクチャーを指し、戦略ではないことを理解することが重要です。ユニット・トラストやミュチュアル・ファンド(投資信託)がストラクチャー=仕組みであるのと同様です。ヘッジファンドの運用マネジャーは様々な投資戦略を使っていますが、各戦略はそれぞれ違う度合いのリスクとリターンを提供しています。個々の投信が別物であるようにヘッジファンドも多種多様です。

 

それぞれの戦略は互いに相関性が低いのが特徴ですが(株式との相関はさらに低い)いくつかの共通点もあります。

·         多くのヘッジファンドはオフショアに籍を持ち、ファンドマネジャーに運用方法や投資先に対して比較的自由な裁量を与えている

·         ベンチマークとの相対ではなく、市場の動きに関わらず絶対的リターンを追求している

·         ヘッジファンドのリターンはその歴史において伝統的な運用リターンとの相関性が低い

·         伝統的な運用は市場やベンチマークまたはインデックスとの連動性が高く価格の上昇をもってのみリターンを生み出しているが、ヘッジファンドの中には空売りによって下降局面でもリターンをあげたり、価格の変動幅を縮小したりすることができる

·         元本確保がほとんどのファンドマネジャーにとって重要項目となっている

·         ファンドマネジャーは成功報酬のことが多いため有能なマネジャーのみが生き残る

·         成功報酬に加え、ファンドマネジャーはたいてい多額の自己資金を投資することで投資家の意志に沿った運用ができる

·         資金が大きくなり過ぎたファンドは運用が難しくなるため、ファンドマネジャーはファンドの規模を効率よく運用できる最適レベルで調整している

 

代表的な14の投資戦略

1.   空売り:ショート・セリングとも。近い将来の価格下落を予想し、現在のバリューで売却し、値下がりしたところで買い戻し差益を得る方法。株価下落を狙う投機的なものと下落による損失を防ぐ売りつけがある。

2.   ロング:買いが売りを上回っている状態のこと。ヘッジファンドではレバレッジをかけてリターンを最大化することができるが、投信では禁じられている。

3.   ロング・ショート:ロングとショートの組み合わせ。先が読めないときによく使われる手法で割安な方を買い、割高な方を売ることでマーケットリスクを縮小する目的がある。

4.   転換社債裁定取引:転換社債を買い、対応する株式を空売りすることで価格のひずみを利用する。両者の価格関係が正常に戻った際に収益を確定させる取引のこと。

5.   破綻証券取引:業務、財務上問題のある企業に投資して企業価値の改善を実現した際の収益を得る方法。ジャンク債や銀行ローンが投資対象になる。利益を得るまでに時間がかかることがある。

6.   合併/リスク裁定取引:企業M&Aでの相対する2社間で売り買いをし収益をあげる方法。買収される企業の株価は通常上昇する一方、買収する方は価格変動が大きくなる。よって前者の株式を買い、後者を売ることで利益を得る。

7.   グロース・ファンド:成長性や収益性を元に選ばれた企業の株式が投資対象。

8.   グローバル・マクロ:世界中の市場を分析しながら経済全体(マクロ)の変化を元に投資する。有名なのはジョージ・ソロス氏のファンドで高いレバレッジをかけることもある。期間も1週間〜1年以上といろいろ。

9.   セクター集中型:特定の市場セクターや産業分野に投資する。企業規模も時価総額も幅広く運用はファンダメンタルやテクニカル分析を元に行われる。

10.  エマージング・マーケット:新興国に投資する手法。株式、債券など投資対象は様々。ハイリスク・ハイリターン。

11.  マーケット・タイミング:買いポジションに入るタイミングを見極め投資する手法。タイミングがくるまでの間は短期金融資産で安全な運用を行う。

12.  オポチュニスティック:世界の経済や市場の見通しからトレンドをさがし投資する手法。マネージド・フューチャーズなどが有名。

13.  ファンド・オブ・ファンズ:運用手法や期待収益率が異なる複数のヘッジファンドに分散することでリスクの軽減を図る。

14. å•†å“ãƒ•ã‚¡ãƒ³ãƒ‰(CTA):Commodity Trading Adviserの略。商品先物取り引きの専門家。

 
 
Jan 2015
あまりに甘すぎる年金の制度設計
Oct 2014
悪夢のシナリオ 消費増税という「自己破壊的な政策」
Jul 2014
南欧諸国のバブル跡始末は終わっていない
Jun 2014
公的年金だけでは危険。個人年金の備えを。
Mar 2014
石油・ガスで世界一の産出国になりつつあるアメリカ
過去の記事
 
   免責条項   |   用語解説 © 2010 Questor Capital. All rights reserved.  
Questor Capital Ltd. has offices in Malaysia, Singapore and Thailand and is regulated in Malaysia by Labuan FSA (License Number BS200649).
Thailand group management office (License Number 1755201886).